台風対応の専門な訳ではありませんw

たまたま、僕が台風破損の現場に当てられているだけです。


それにしても、今年の台風24号はたしかに今までの台風とは破壊力が違いました。

今日の現場は、ご主人がその昔DIYで作った目隠しフェンスだったようです。

破損前の写真は無いので、Googleマップのストリートビューで施工前日に確認してみると……

IMG_1252
(Googleマップよりスクショで拝借)

Googleマップ便利!!

画像で言うと、左側の低い家が今回の施主で、隣のマンションは今回関係ないんですが、、、施主さん側との段差が高いなー!

うーん!手強そうだw
IMG_1248

現場に到着してみると、すでに破損したフェンスは撤去されてました。

IMG_1245

写真で分かりにくいですけど、ブロンズ色の片開き門扉(今開いている)の所に階段があり、10段ほど下ったところが施主さん側の地面になってます。高低差約2mほど。

高いよ〜😭  しかも、フェンス立てたいブロック、間知石みたいに斜めに積んであるし!やりづらいなあ…  


黄色いテープだらけの、隣のマンションのメッシュフェンスも一部基礎が壊れてたけど、、台風?!(今回はウチは関係ないんですけど)


さて、現場に着いてから家の方とフェンス施工場所を確認させてもらって初めて気づいたんですが、直線部分と、道路側に小さな折り返し部分が付く予定らしいです。


材料もバタバタ積んできたので、柱1本多いなーとは思ったけど折り返しあるのは現場着いて発覚しました(笑)


しかも、折り返し部分はブロックが無い!レベルが全然低いし……ヤバい(終わらなそうな)雰囲気まんまんですw

まあ、こう言う状況だとは聞いてなかったので、用意してきた道具と材料で、やれるだけやるだけです。


IMG_1247


今回新しいフェンスを取り付ける部分に、元々ご主人がDIYされたフェンスの枠が一部残っていて、解体したんですが、ご主人!なかなかDIY上級者だったようです。

IMG_1250

丸パイプの端を叩き潰して、ドリルで穴開けしてボルトで接続してありました。

これ、なかなか強度出るし、便利なフレームの作り方のひとつです。僕もたまに使います。

特に、看板の様なものを風で煽られるのを防止するための、煽り止めなんかに便利です。

叩き潰す向きを変えたり、潰して平らになった部分を折り曲げたり出来るので、簡単な割に自由度がとても高い。

ここまで自分で出来れば、かなり色々作れますね。


さあ、今日は一人でこの作業量だと、終わる気がしないけど、やれるだけやってみよう。

って事で、とりあえずコア開けから!ブロックが斜めだけど、自作のコアドリル用ベース、3ヶ所のうち2ヶ所はなんとか使えそうで良かった!

これ、汚いですけどアンカー打つより早いし、めっちゃスグレモノなんです(自画自賛)

IMG_1254

↑足場が狭く、不安定な場所だったので、一旦機械を取り外して、ベースだけ先に水平に固定したら、作業がスムーズに出来ました。

IMG_1253

ここだけはベースプレートが使えなかったので、ブロック天端に雌ネジアンカーを打ち込んで、コアドリルのベース傾き調整ボルトで垂直に調整して……

これが標準的な作業なんですが、かなりめんどくさいんですよ^^;

しかもブロックの幅から調整ボルトがはみ出しそうだったので、1ヶ所はキャンバー(クサビ)を噛ませて調整しました(笑)裏ワザですw

ってな感じで無事にコアドリルも穴開け完了して、午前中になんとか直線部分の柱3本まで立てられました。


どうやったら1日で全ての作業を終わらせることができるだろうか??、というのは、

現場に着いてから、現況、用意している道具と材料などの状況を確認してから、脳みそフル回転で作業を頭の中で組み立てる。

順番が前後しちゃいましたが、午前中にコア3ヶ所開けて直線部分の柱立てを終わらせる、という予定は、実は作業を始める前に頭の中で目標を設定していたんです。もう当たり前のルーティンなので、ほとんど無意識にやってますけど。

頭の中で全ての作業をひと通りイメージする。

↑ここがその後の作業に超影響がある大事なポイント。



午後からの作業は、柱が固まったらまず、

①直線部分のパネルを先に取り付けて、

②折り返しの短いパネルの寸法を出して、パネルの切り詰め加工。(これがすごく時間かかる!)

③短いパネルが完成したら、コーナー継手で長い直線のパネルとくっ付けて、短いパネルは浮かせた状態で、全ての組み立てを完了する。

④柱の周りに止め枠を組んでモルタルを流し込む、という作戦です。


本当に休憩無しでバタバタ作業してたので、写真は無いです(笑)撮れませんでした

16:40ころ、なんとか予定通り型枠の中にモルタルを流し終わったところです。

暗くなり始めてきちゃったので、片付ける前に写真だけ撮りました↓

今日使ったフェンスは、LIXILのプレスタフェンス8型ダークグレーのh1200です。

IMG_1264

っしゃあああ!!あとは後日、枠を外しに来るだけだぜ!

、、と思ってたんですが、、片付けてる最中に大変なことに気づきました。。


折り返しのパネルの上下が逆!

なんてこった…バタバタとやるもんじゃないですね。

柱の周りにモルタルを流し込んだばかりなので、もう今日はイジるのやめよう。どっちにしろ後日、枠を外しに来なきゃならないので、その時にパネルの上下も入れ替えよう。


そうお客さんにもお伝えして、現場を撤収してきたのでした。




でも休憩なしでギリギリなんとか終われるかも?!、とかいうパターンだと、ついムリしてやっちゃいがちです。

特に、今日の現場は発注元に確認したら、1人工しか見ていないとの事…


IMG_1266

散らかりっぷりからバタバタ具合が想像つきますか?(笑)

危ないから、ちょっとは人工(人件費)に余裕見ないとダメですね。

パネルの取り付け方向のミスの他に、立て掛けた脚立の脚が滑って1回ズリ落ちました。

足から着地できたのでケガは無かったですが、、電動工具使ってたらと思うとゾッとします。

人件費ギリギリはダメ!ぜったい!危ないです。

そして、、今日の工事内容はイージーモードの現場なら可能でしたが、、今日のは難易度設定が色々高かったので、

1人工でこれを仕上げるのは無理!!

と、作業始める前から思ってました。
自分で現調してれば、まだ事前にハマり要素が分かるんで、もう少し準備出来るんですけどね…

なので、職人さんに危険作業をさせないためにも、多少余裕をみて見積もりしましょうね。


今日のハマり要素まとめ

①時間帯の進入禁止で、8時に到着してたはずなのに、9時までコンビニで待機。
②現場周辺が超狭い道で、車を置く場所に一苦労。(パネルの加工も道路上)
③コアドリル開けるブロックがナナメ&超狭い、そして高さが2m。
④道路に面した部分の柱が、空中に浮く。(枠が無い)





より役に立つ記事を提供するために、アンケートにご協力お願いいたします(^^)/ 


オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう