ブロック屋ほろさんのblog

横浜市を中心に外構工事の仕事をしているほろさんのブログ。工事現場でのあれこれ、職人さん向け豆知識、本格DIY、たまにスノーボードとか。

タグ:独立基礎

こんにちは!モルタルは友達、ブロック職人のほろです。(ちゃんとした人間の友達もいるので、ヤバい人じゃありません。)

この記事では、フェンスの柱を立てる時に使うモルタルについて、より適切な柔らかさに調整する事で得られる様々なメリットと、その具体的な方法、そうする理由について詳しく解説してみようと思います。


モルタルの"柔らかさ"とは、言い換えればモルタルを練る際の水分量を意味します。

モルタルは、練るときの水分量を調整することによって、水分が多いほど柔らかく、少なければバサついた状態になります。

柔らかいモルタルはバサついたものに比べて流動性が高いので、柱の周りに隙間なく充填するのはとても楽(手間が少ない)ですが、その反面固まるまでの時間は長くかかります。

それと、柔らかいモルタルほど周りを汚しやすい性質なので、必要以上に柔らかくすると後から掃除が必要になったり、逆に仕事が増えてしまう、というリスクも出てきます。


反対に、水分を少なくバサついた状態に練ったモルタル(バサモル)は、柱の周りに隙間なく充填するのに手間と時間がかかりますが、早く固まる(柱が動かなくなる)という利点があります。

ただし、中途半端に固まった時に動かしてしまうと柱とモルタルの密着が悪くなり、あとでガタつきが出てしまう事にもなりかねないので注意が必要です。


では、何を基準にモルタルの水分量を調整したら良いのでしょうか?

僕が実際の経験から、フェンスや門扉などの柱立て作業をする時の、モルタルの柔らかさを決める時に役立つ判断ポイントを4つにまとめてみました。

柱立ての条件に合わせて、最適な柔らかさのモルタルを調整出来る技術が身につけば、仕事の効率は大幅に上がり、時間にも余裕ができるので丁寧な作業ができ、さらには人件費の削減にもつながる、など良いことずくめですので、ぜひこれから紹介する4つのポイントを参考にしてみてください。

極端に水分を少なくしたバサモルを使ったり、水を全く加えない空モルタルを部分的に使うのも、とても上手くいくやり方の一つとして紹介しています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは~。フェンスの仕事もけっこうするブロック屋のほろです。

今回は、庭や建物の外周など、土の部分に直接フェンスを施工する際に使われる『独立基礎』の効率の良さげな埋め方について解説してみましょう。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ここで言うHが高いというのは高さがある、という意味で、エロさの度合いとはなんの関係もありませんのでご了承ください。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日のお客様はなんと、このブログをネット検索で見つけ、会社に見積依頼のご連絡をいただき、そのまま発注をいただいたはじめてのお客様でした(b・ω・d)イェァ♪
当ブログ始まって以来の快挙です!ご依頼ありがとうございます!!! 会社内でのほろさんの株も上がったことにちがいない!w


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ