スノーボード大好き、冬は毎週末滑りに行ってしまいます、ほろです。 今回はスノーボードのビンディングについて、意外と知らない人も多いちょっとしたヒントをいくつか書いてみたいと思います(*^O^*)/


第一弾はこれ

立ったままビンディングを装着する時に、試しに後ろ向きで付けてみよう!


スノーボードをやる人でも、意外と知らない人が多いのがコレ。

緩い斜面で立ったままビンディングを装着する時、前を向いたまま、かかと側のエッジに乗ってつま先側を少し浮かせた状態でバランスを取りながら装着する場合が多いと思いますが…実は後ろ向き(斜面下側に背中を向ける)で装着するのがめちゃくちゃ楽なんです!

かかと側のエッジを雪に引っ掛けて後ろに滑らない様にすると、ソールの面全体で体重を支えられるのでとっても安定するんです。



1つ大事なポイントは、装着する時に横に滑ってしまわない様に、斜面のフォールライン(ボールが自然に転がり落ちる方向)を見きわめて、フォールラインに対して大体ボードが直角になる様にする事が重要です。

最初のうちは横に滑っちゃう事もあると思いますが、普段からフォールラインの見当をつける良い訓練にもなるので、もしかしたら他の何かの役に立つ事もあるかも知れませんw

履いたらボケ〜っと立ってても大丈夫な安定感ですw

前向きの時の様に常にバランスをとるのに集中しなくて済むので、仲間が全員ビンディング付けるのを待つ時間も楽チンです。

今シーズンはもうすぐ終わってしまいますが、次回滑りに行った時にでもぜひ試してみてください♪




関連記事
キャリア積載時に便利なビンディングのたたみ方
ビンディング固定用のドライバーは必ず3番ビットで!





より役に立つ記事を提供するために、アンケートにご協力お願いいたします(^^)/ 


オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう