スノーボード大好き、冬は毎週雪山に行くほろです! 今回はスノーボードのビンディングについて、意外と知らない人も多いちょっとしたヒントをいくつか書いてみたいと思います(*^O^*)/

第二弾はこれ

キャリア積載時や、運搬する時に便利なビンディングのたたみ方



車のルーフキャリアにボードを積む時に下側の板のビンディングが車の屋根に当たりそう、みたいな経験ありませんか?

そんな場合に便利な、とてもコンパクトにビンディングを畳む方法です。

flowなどの特殊なビンディングを除いてほとんどのストラップ式のビンディングに使える方法なので、これを機会にぜひ覚えてしまいましょう♪

image

写真だとちょっとわかりにくいかも知れませんが、手順は簡単3ステップです。

①ハイバックをぺたんと畳む。

②アンクル(足首)側のストラップをハイバックの上から乗せて押さえる。

③トゥ(つま先側)ストラップで全体を押さつけて完了。

この方法だと走行中のストラップのバタつきも防止できますし、ほとんどのビンディングはこの方法で最もコンパクトに畳めるので、キャリアに積む場合以外にも、飛行機でボードケースに入れて預ける時や、電車移動の時にも是非やってみてくださいね!

ちなみに僕はその日滑り終わったらソッコーでこの方法でビンディングをたたんでしまうのが習慣になってしまいましたw

はい、第二弾おわり




関連記事
スノーボードのビンディングを後ろ向きで履いてみよう
ビンディング固定用のドライバーは必ず3番ビットで!




より役に立つ記事を提供するために、アンケートにご協力お願いいたします(^^)/ 


オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう