ブロック屋ほろさんのblog

横浜市を中心に外構工事の仕事をしているほろさんのブログ。工事現場でのあれこれ、職人さん向け豆知識、本格DIY、たまにスノーボードとか。

今日のお客様はなんと、このブログをネット検索で見つけ、会社に見積依頼のご連絡をいただき、そのまま発注をいただいたはじめてのお客様でした(b・ω・d)イェァ♪
当ブログ始まって以来の快挙です!ご依頼ありがとうございます!!! 会社内でのほろさんの株も上がったことにちがいない!w


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日の現場です!
一般宅のお客様で、隣との境界にブロックとフェンスを新設したいとのご依頼をいただきました(^O^)

ホームページからお問い合わせ頂いた、と聞いていたのですが、話してみると、ブログを見つけて、会社のリンクにたどり着いたとの事…なんだなんだ?立て続けにブログから仕事がw  ブロック屋ほろさん大人気かw
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、藤沢市の海に近いお宅に、メッシュフェンスの金物だけ(柱とメッシュを固定するボルト、メッシュとメッシュを連結する金具とボルト)の取り換えに行ってきたんですが…続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

その前に、コアドリルとはなんぞや。建築に携わらない方は聞き慣れないと思われるマニアックな機械なのでざっとご説明しますと、、、

筒状の穴を開けるタイプのドリルの事のようです。乾式タイプ、湿式タイプ、コンクリートや、タイル、ALCなど相手によって色んな刃のタイプがあります。

今回はその中の、コンクリートコアドリルに関する内容です。一般的には、建物の壁に配管用の穴を開ける際に使われる事が多いみたいですが。

うちの仕事では、既存のブロック塀などに後付けでフェンスなどを施工する際や、すでに付いているフェンスを老朽化などで取り替える場合に、柱を立てる為の筒状の穴を開けるのによく使うのですが、通常、機械の設置には雌ネジアンカーを打ち込んで、機械のベースをボルトで固定するのですが、なんと、、アンカーの打ち込みを省く方法を開発しました(・∀・)ウン!!



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

宅地造成現場の駐車場部分の工事をしました。

内容は、土間コンクリート打ち、土留め型枠ブロック積み、入り口階段部分を作り、最後に左官仕上げしました。

大まかな流れはこんな感じでした。

①寸法出し、掘削

②砕石転圧(10センチ)

③捨てコン打設(5センチ)  

④配筋、ベースコンクリート打設(15センチ)  

⑤型枠ブロック積み、階段造形  

⑥階段踏み段部分、型枠ブロックコンクリート充填  

⑦コーナー定規を貼り各所左官仕上げ      

⑧掘削時に出た土を埋めもどして工事完了


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ